装着体感テスト

どのくらい効果があるか?
それが一番よく分かるのが体感テストです。

テストで感じた筋肉の働きは、パワースポーター装着時にはいつも同じく働いています。
それにより、腰痛緩和や姿勢矯正などに影響していくと考えられます。


動画内で詳しく説明しています。
《体感テストの動画です。旧モデルで行っていますが、新モデルでも同じ結果になります》


腰痛ベルト 体感テスト


● 腹筋のテスト

テスト方法
体感者は足をそろえて手を後ろに組み、組んだ手のひらに他の人が下方向力を加える
体感
者はそれに対し、動かないようにします。

≪装着した場合≫

腹筋が働くので後ろに倒れることなく、姿勢も変わらずに立っていることが出来ます。
(パッドの影響で腹筋がよく働いている為)

 

≪装着しない場合≫

腹筋の力が弱い人は、簡単に後ろに動いてしまいます。
(腹筋がよく働いていない為)



 

●背筋のテスト

テスト方法
体感者は足をそろえ手を前で組み、組んだ手のひらに他の人が下方向力を加える
体感者はそれに対し、動かないようにします。

≪装着した場合≫

背筋が働くので前に動くことなく、姿勢も変わらず立っていることが出来ます。
(パッドの影響で背筋がよく働いている為)

 

≪装着しない場合≫ (現在腰痛の方へは軽い力で始めてください)
背筋の力が弱い人は、簡単に前に動いてしまいます。
(背筋がよく働いていない為)




 

●体側の筋肉テスト(腹斜筋力テスト)

テスト方法
体感者は足を若干広げて立ち、左右の腕を腰にあてがいます。
他の人が腕を軽く下方向引きます
体感者はそれに対し、動かないようにします。

≪装着した場合≫

体側の筋肉が働いているので、踏ん張ることが出来ます。
(パッドの影響で腹斜筋がよく働いている為)

 

≪装着しない場合≫

体側の筋肉の力が弱い人は、簡単によろめいてしまいます。
(腹斜筋がよく働いていない為)

 

●腕の筋肉テスト(肩の僧帽筋、二の腕の筋力テスト)

テスト方法
体感者は足を広げて、手を頭の上まで伸ばして立ちます。
他の人手首周辺を持ち、下方向力を加える
体感者はそれに対し、動かないように踏ん張ります

 

≪装着した場合≫

肩の筋肉腕の筋肉が働くので、踏ん張ることが出来ます。
(パッドの影響で肩の僧帽筋そうぼうきん、
二の腕の筋肉がよく働いている為)

 

≪装着しない場合≫

少しの力で簡単によろめきます
肩の僧帽筋そうぼうきん
、二の腕の筋肉がよく働いていない為)



 

 【筋の共収縮の原理で、一部の筋肉を応圧すると周りの筋肉まで働きます】

パワースポーターは、関節をまたいだ筋肉まで働きかけます。
つまり、腰に付けているだけで肩の筋肉腕の筋肉まで働きやすくなります。
さらに大腿部の筋肉まで働きやすくなります。


装着して日常生活を送るだけで、筋肉は刺激され筋トレ効果が期待できます
 

腰痛ベルト ご購入はこちらから
 

 

トレーニングをしている運動選手や筋肉マンの方は、体感テストでの変化を感じない場合があります。
その場合は、十分筋肉が働いていますので、このベルトは必要ありません!


  ▲このページの先頭へ