腰痛対策なら、パワースポーター

筋肉が働きやすくなる、今までにない新発想の腰痛ベルト

『筋肉の共収縮』の原理を用いた構造で、
姿勢が正しやすく、より身体に負担のかからない姿勢を保ちやすくする、ベルトです。

 

装着で、身体の筋肉全体がバランス良く働くようになるので、
通常より約20〜30筋力がUPしたような効果が、期待できます。
これは、弱い筋トレと同じ効果だと思われます。

 

普段の自分より力が出るようになります。
それも自分の持つ筋肉を使って!

人は筋肉によって姿勢が成り立っています。
その姿勢にかかわる筋肉がよく働きやすくなるベルトです。

姿勢を正しやすく、腰痛やひざ痛の緩和が期待できます。

腰用とひざ用があります。
 


腰痛対策、ひざ痛対策には今までは、

● 筋肉を動かさないようにするもの
● 安静にさせるもの

の考えで、締めつける固定具・拘束具で対処していました。

そして多くの方は、
腰痛ベルトやコルセットを、5枚10枚と複数枚持っています。

なぜ・・・?

 

パワースポーターは逆転の発想で、

筋肉を働かせる方法があるので、
筋肉を良く働かせたらどうなるのか?の考えから、
科学と研究によって画期的な製品 パワースポーターが生まれました!

 

腰痛対策、ひざ痛対策には、

腰痛・ひざ痛に関係する筋肉全体を良く働かせる必要があります。

ひざ筋肉が衰えること、関節痛などになりやすくなります。

 

そこでパワースポーターは筋肉の共収縮を利用して、
関係する筋肉郡を良く働かせ、
負担の大きかった一部の筋肉の負担を小さくして、
結果、腰痛の緩和をうながしていきます。

 

多くの筋肉がよく働くようになる為、
身体の動き、筋肉の働きに加圧トレーニングに近い効果が期待でき、
姿勢を正常に保つ効果も、期待ができるかと思われます。

 


筋肉のツボを押さえて、筋肉を働かせる最新ベルト

関節の周りにある筋肉の始め終わり一定圧をかけることで、
筋肉に刺激を与えて筋肉を働きやすくします。

パワースポーターは、
6個のパッドがこの筋肉の特定部分に当たる構造になっています。(特許申請済み)

 

原理はベルトドライブのプーリーのような事

ベルトで繋がれた歯車は、
一つの歯車を動かすと伝達し、他の歯車も動くようになります。
軸にベルトが掛かって駆動し、離れた部分にも伝達します。

車のタイミングベルトも同じで、
駆動が悪いのは、ベルトがたるんでいたり、緩んでいるという事で、
この緩んだベルトをピンと張ると駆動が良くなります。

 

パワースポーターで筋肉の働きが良くなると言うのは、
緩んだ筋肉がピンと張ると言う事で、プーリ―ベルトと同じようなメカニズムが身体の中で働くと考えられます。

 

【パワースポーターはこの原理を利用しています】 
 


筋肉の共収縮とは、

関節近くの筋肉の始まりと、終わりの筋肉に一定圧を与えると、
主導筋けでなく、協動筋、拮抗筋(反対の動きをする筋肉)がよく働くようになります。
これが筋肉の共収縮です。


【パワースポーターはこの原理で、いろんな筋肉が動くように設計されています】  
 


パワースポーターの特徴

6個のパッド6本のゴムベルトバックルで、
背側は、姿勢に関係する重要な筋肉の、筋始と筋尾に応圧をかけ、

腹側は、バックルで腹側の下腹直筋の筋始を応圧します。

これにより、
腹圧と背筋全般の筋肉が本来の働きをして、姿勢が正しやすくなります。

パワースポーターは、装着するだけで姿勢が変化するようです。
(装着すると、各部の筋肉に作用するため)

【パワースポーターの一番の特徴は、筋肉が働きやすくなることです!】

 

 
 

《体感テストの動画です。ヤラセではありません》

販売価格

13,800円(税込14,904円)
カラー ピンク/ S・Mサイズのみ
/ 全サイズ対応
サイズ 適応ウエストサイズ
S/ 75cm未満
M/ 75〜90cm
L/ 91〜105cm
LL/ 106〜120cm


** 法人・治療院・複数個ご購入の方は、事前にお問い合わせください ≫≫

 

パワースポーターはなぜ良いのか?

期待できるパワースポーターの効能

腰にかかる負担軽減
(筋肉の働きやすさで、力のかかり方が分散する為と考えられます)

作業による腰痛・背痛の予防
(腹筋、背筋などの筋肉全般が、よく働きやすい為と考えられます

重作業時の身体力UPで20%〜30%作業効率が向上
(多くの筋肉が働きやすい為と考えられます

気になる猫背などの、姿勢補正
(筋肉が働きやすく、本来の正しい姿勢になりやすい為と考えられます

● 疲労軽減
(全般の筋肉が働きやすくなる為と考えられます

あなた本来の筋肉補強
(筋肉が刺激され、筋トレに近い効果が期待できる為と考えられます

・・・・・などが、パワースポーター装着で期待できます。
 


仕事と腰痛予防に役立つ、パワースポーター

労働条件などによる、
● 座りっぱなしの事務ワークや長時間運転
● 中腰での仕事が多い
一つの体勢を長く続ける方は、腰痛の危険にさらされています。

パワースポーターは、
筋肉を良く働かせる事で、腰痛の予防が期待できます!

 

仕事中にパワースポーターを装着すると、

多くの筋肉が働きやすいため、
腰痛予防と共に通常より20〜30%作業効率の向上が期待できます。


重い物を持つ、中腰姿勢での仕事では、

作業の疲労軽減が期待できます。

動きを妨げない腰ベルトなので、
あらゆる職場においても、腰痛予防に最適です。

 

【パワースポーターはどのお仕事にも最適です】 
 


腰とパワースポーター

ひとのカラダの姿勢は、筋肉によって支えられています。
骨だけが独立して立つ、と言う事はありません。
あらゆる角度から筋肉が引っ張り合い、姿勢を保っています。

しかし、
姿勢が崩れてくると、上体の荷重はすべて腰にきます。

ひとのカラダの背中がS字に湾曲している理由は、
凸部が3つあることで、
頭を含む上体の重さを10分の1に軽減することです。

ところが、姿勢が悪くなると、
上体の荷重が、すべて腰やひざにきてしまいます。
腰痛、ひざ痛の原因にもなります。

 

そこで、腰やひざには、

姿勢を正すことが何より大事になります。

パワースポーターを装着して日常生活を送るだけで、
筋肉が本来の働きをして、姿勢を正しやすくなります。

筋肉が活性化すると、腰痛、ひざ痛の緩和が大いに期待できます。


【パワースポーター装着で筋肉が働きやすくなり、姿勢を正しやすくなります
 

 

パワースポーターはなぜ姿勢を正すのか?

関節をまたいだ筋肉まで、影響して働きます

パワースポーターで姿勢が正しくなるのは、
関節の近くにある、
筋肉の始まりと終わりのポイントに、圧力をかけることで、
筋肉が本来の働きをして、
姿勢が元に戻ってゆくと言う原理が働くためです。

 

人のカラダは筋肉が働く状況をつくれば本来の形に戻ろうとするので、
姿勢も自分の力で本来の姿に戻っていきます。

 

【パワースポーターは、本来の姿に戻れるようにサポートする目的で開発されました】
 


姿勢の悪い方は、かなり実感が出ます

それまでは出来なかった、胸を張ることが出来やすくなります。
胸が張りやすくなるのは、姿勢が変わったと言う事です。
 

加齢などで猫背になるのは
骨が曲がったのではなくて、
筋肉が働かなくなった為に、前屈(猫背)になってしまうのです。

 

筋肉が活性化すると必然的に、人間のカラダは正しい本来の姿勢に戻ってきます。
 


  パワースポーターは姿勢を正します

パワースポーターの腰ベルトは特別な形をしています。

パワースポーターの6個の突起部(パッド)は、
関節や文節の近くの筋肉の始まり(筋きんし)と、終わり(筋きんび))に、
一定応圧をかけるためのモノです。
(応圧をかける事で、筋肉は良く働くからです)

 

バックルの位置(装着位置)も関係があります

背中の筋肉と拮抗筋である腹筋をバランスよく働かせるために、
下腹部(腹筋の下)の、恥骨に近い位置にとめます。


へそ下10cm以上、下げてください。
下げ過ぎても問題はありません!

 

バックルを下腹部でとめます。
それにより荷重が分散されるので、楽に体を動かせるようになります。

これで背中側、お腹側、体側筋(横の筋肉)の働きが非常によくなります。


 

【お年寄り、筋肉が衰えた人、普段何も運動をしていない人には特におススメです】
 

何もしないとゼロですが、装着するとゼロではありません!

 
 

《腰痛ベルトの装着方法の動画です》

販売価格

13,800円(税込14,904円)
カラー ピンク/ S・Mサイズのみ
/ 全サイズ対応
サイズ 適応ウエストサイズ
S/ 75cm未満
M/ 75〜90cm
L/ 91〜105cm
LL/ 106〜120cm


** 法人・治療院・複数個ご購入の方は、事前にお問い合わせください ≫≫


  ▲このページの先頭へ

ショップ紹介

渡邉 潔

パワースポーター専門店の渡邉です。 手品とカリフォルニアロール(すし)が得意です。    この腰痛ベルトは、今までにない新タイプのベルトです。 ご不明な点、お気軽にお申し付けください。  ひざ用ベルトもあります。